傷跡の少ない豊胸手術

豊胸手術で考えるべきデザイン

豊胸手術でデザインを考える

ヒアルロン酸注入の豊胸手術ではデザインを考える必要があります。ヒアルロン酸を注入する場所や量によって、バストのデザインを変えることができるのです。どんなデザインが良いのかを選んでポイント注入できることがヒアルロン酸注入のメリットですね。

よくある要望は、単純に全体的に大きくしたい、バストトップを高くしたいというものですね。例えば、年齢によって下に垂れてしまったバストにヒアルロン酸を注入して、全体的に張りと高さを作ることができます。無理なダイエットによっても、バストが垂れてしまうことがあるので、昔の張りを取り戻せるのは良いですね。

ヒアルロン酸注入の効果は、バストを大きくするだけではありません。小さく丸みのないバストもふっくらと張りのあるものにしてくれるんです。左右のバストの大きさが異なるという場合にも片方だけにヒアルロン酸を入れることで、対応してくれます。

ポイント注入は、谷間を作りたい場合やデコルテラインに張りを作りたい場合に最適です。バストの内側や鎖骨の下に注入すれば、望み通りの谷間とデコルテラインが出来上がります。露出の多い服を着る場合に、胸元が寂しくなくて良いですね。

ほとんどのクリニックでは、手術の前に、カウンセリングを行います。そのときに、どのようなバストにしたいのか、バストに関する悩みはなんなのか、打ち明けてください。このときに詳しく話して意見を共有しておかないと、望んでいたバストのデザインと異なるなど、あとでトラブルが生じてしまいます。

一言で豊胸といっても、バストの悩みというのは人それぞれです。ヒアルロン酸注入は、そんな悩みに的確に答えてくれるんですね!